STORY


世界的なグループである白銀コンツェルン。
その息女であり、跡取りである白銀イリナは完璧である。
後継者たる立場として、気品高く、秀麗眉目。
何事においても完璧を追求し、誰しもが憧れる絶対的な
存在として聖エウローラ学園に君臨していた。

そのイリナにとって、唯一の懸念が、佐渡有二。
の視線であった。
誰もが、憧れ、敬愛、尊敬、畏敬の視線を向ける中において、
彼の視線だけはそのどれとも違い、蔑み、貶すという
今まで向けられたことのない侮蔑を、赤裸々に浴びせてくる。

それは、彼女にとって羞恥とも言うべき姿を見られてしまったが
故であったのだが、その度にプライドを傷つけられる彼女は、
何としてもその視線を変えてやるべく………

ぴっちりとしたエナメルボンテージを身に纏い、その股間で
肉棒を無様に果てさせる特訓をしていくのであった……

果たして、その視線と向きあう決心をしたイリナであったが、
呼び出した有二と面と向かった瞬間っ……
その耽美なる腰は、へろへろと砕け堕ちてしまうのであった……

「視線だけで身体の自由を奪い、腕を掴むだけで抵抗の意思すら奪うなんて……」

気付いた時には、イリナはその足下にひれ伏し、
その股間に顔を押し付けていたのであった……