STORY


ハーフブロンド爆乳会長のマイナは苛々している。

学園中の者全てが自分を崇め、敬い、
自らの立場というものを理解し、頭を垂れ、媚び諂うはずが、
唯一、その中にあって、自らに、浅ましい、卑猥な視線をぶつけてくる存在がいることに。

「ハァイ、今日も不躾に下卑た視線で私のボディを視姦しているわね」

目の前にいるのは、平凡なあどけない少年、毛利早太である。
その唯一の存在が彼だ。

とりたてて特徴のない、存在すら希薄な感の男子だが、他者とは違い、
未だ牡としての本能を燻らせる盛り上がりを股間に湛えながらマイナを見つめてくるのである。

その若き猛りを蔑みからかい、この男に立場を理解させ、
屈服させるために日々仕掛けながら、体を火照らせ、詰まらない日常に楽しみを見いだすマイナ。
………とってもドSな女の子であった……


そんな中、早太は一冊のノートを手に入れる。

それが、自らの鬱屈とした卑猥な妄想を実現する
夢のようなノートであることを理解するのに、時間はかからなかった……